金持ち神に会える街 vol.52011/05/08 06:00

まだまだいっぱい
お金持ちの神様に会えるまでには、それなりの努力がいりそうですね。

見落とししてたけど、最初に見てた側に大きな鳥かご
何か書いてあるぞ・・・
「どうぞ籠の中におはいりください
  幸せの青い鳥が見えるかもしれません」て書いてある。
ふ〜ん 青い鳥見えるかな・・・後で入ってみよっと

最初はこれ、申 慶長通宝(西暦 1606年〜)
慶長十一年、家康が駿府の銀座で造らせたと云われる銅銭ですが現存数が少なく制作も粗雑であるため、はたして幣制を確立した家康が造らせた物かどうか疑問の残る貨幣なんだって。

こんどは、戌  寛永通宝(西暦1626年〜)
江戸期の寛永13年から造られ始めた銅銭で徳川時代の代表的な銭貨です。始めは銅銭、後に鉄銭も造られましたが鉄銭は明治30年に廃止、銅銭は昭和28年まで通貨として通用していたそうです。
このへんの貨幣になるとよく知ってる人も多いんでしょうかね。

次は、亥  天保通宝(西暦1835年〜)
天保銭とも呼ばれ百文通貨として小判の形に似せて造られました。江戸末期には全国各地で私的な鋳造がされ、そのため120種類以上の天保銭があるそうです。明治24年まで通用していたそうです。

これで開運金持十二支はおしまいです。
でも、まだ別の石像があるから、また続きをお楽しみにね

コメント

_ jun ― 2011/05/08 16:32

自分が籠の中に入ってこそ、青い鳥が見えてくるんですね。
ちょっと哲学的です。
開運金持十二支、一巡しましたが、まだ別の石像があるのですね、楽しみです。

_ みぞやん> ― 2011/05/08 17:00

junさん こんにちは♪
この籠、ちょっと中に入ってみたくなりましたが、信じる者だけが見れる青い鳥なんでしょうね。
開運十二支は今日で終わりですが、幸せの最も大切な石像が明日登場するようです。お楽しみに

_ だいくうぽん ― 2011/05/08 22:11

篭の中に入ると姿を現す 幸せの青い鳥 見たみたいなぁ♪
十二支の石造と お金の歴史 とっても楽しかったです!
また別の石像があるのですね。
次回も楽しみです♪

_ みぞやん> ― 2011/05/08 22:36

だいくうぽんさん こんにちは♪
この鳥かご人気の無い時にこっそり入ってみたくなりそうでしたが、どうも人が入ってる気配がありました。この人達青い鳥見えたんでしょうか・・・
開運金持十二支は今日でおしまいですが、明日の最終日どんな石像が出てくるかお楽しみに。

_ ひまわり ― 2011/05/08 22:40

鳥籠、気になりますねぇ。
信じる者だけが見える青い鳥、う~んなるほど...。
コイン通り、なかなか面白いですね。
まだ別の石造もあるのですね、楽しみにしてます。

_ みぞやん> ― 2011/05/08 23:36

ひまわりさん こんにちは♪
幸せを呼ぶ青い鳥有ってみたいですね。私達にも見えるんでしょうか。
この通りまだ私の知らない所がありそうですが、これから買い物に出かける時にはあちこち散策しながらでかけてみようかと思ってます。昨日もまたもう一つ新たな発見がありましたよ。明日は最終になりますがお楽しみに

_ クレオ ― 2011/05/09 20:06

どうぞ籠の中におはいりくださいってことは人が入れる
くらい大きいカゴなんですね。
石造を紹介の時にtim君がどこにいるかも気になります!

_ みぞやん> ― 2011/05/09 22:47

クレオさん こんにちは♪
そうなんです、この籠後ろの窓の大きさと比べてもらうと
様子がわかるとおもいますが、かなり大きい人でも入れそうな籠のようでした。
散策中timはちょこちょこ石像の周りをぐるりと回って
ツンツン触りながら様子を見てましたよ。

トラックバック